嘉悦大学ヘルプデスクのブログ

嘉悦大学情報メディアセンターヘルプデスクの活動報告レポート

飛翔祭でVRコンテンツを展示しました

2019112()から113()に、開催された飛翔祭では、VR技術の体験会を行いました。昨年度とは異なり、ゲームだけでなくヘルプデスクを中心とした学生スタッフが主体となり、360度カメラを活用したVRで嘉悦大学を散策できるアプリケーション、嘉悦VRを制作し、ご来場頂いた方々に体験してもらいました。 

 

散策VRは北海道にある動物園などで制作されており、本学においても大学を散策し、嘉悦大学の日常を提供することを目標として制作しました。

 

嘉悦大学散策VRアプリケーションは約2か月かけて週に数時間、学生スタッフのメンバー5名で集まり、制作しました。メンバーはほぼ全員が初学者でしたが、わからないことを調べながら進めていきました。

名称未設定3


嘉悦VRとは学内施設の画像と紹介動画を組み込んだ学内施設散策アプリケーションです。本アプリケーションは、アジャイル開発の手法を取り入れて制作しました。

 

アジャイル開発は、柔軟性が高い開発手法で、開発の際に軌道修正が行いやすいという特徴があります。今回の開発においては、経験のないソフトウェアを使用することによる先行きの不透明さが懸念事項だったのと、開発期間が短いといったことがあり、アジャイル開発が最適な手法であると判断し、採用しました。


飛翔祭当日には、VRを初めて体験した人や、昨年度にVRを体験した方々もいらっしゃり、大変好評でした。

 

嘉悦VRを皆さん興味津々に体験していました。一部の方々には嘉悦大学散策VRよりも、VRでプレイする事ができる的当てゲームのほうが人気だったようです。


4


現在まで、嘉悦VRでは、学校内を自由に歩く、施設の紹介映像を入れる、という機能を実装することはできました。

ですが、全ての施設を散策できるわけではないので、今後は実装できていない施設を実装することや、各施設の紹介映像を実装することを計画しています。

今後も進展がありましたら、ブログでご報告します。しばらくお待ちください。

続いて来年度の飛翔祭の話ですが、例年通りICTにかかわる展示を考えています。

来年も是非ご来場ください。ヘルプデスク一同お待ちしております。

 

ヘルプデスクでは今後も、ICT技術や学内行事に関するイベントを企画、実施していく予定 です。
また、今後もブログを更新していくので、是非ご覧ください。

   
 

 

2019年 ホームカミングデー

2019年11月2日(土)に嘉悦大学情報メディアセンター(以下、IMC)学生スタッフのOB・OGの皆様をお招きし、ホームカミングデーを行いました。

ホームカミングデーでは学生スタッフによる各部署の近況報告をし、終了後は懇親会を開催しました。今回は9名のOB・OGの方々が参加してくださいました

学生スタッフは開催前からOB・OGとの久しい再会に喜びの声をあげ、一緒に学園祭を楽しむ姿が見受けられました。


 近況報告では、OB・OGの方々が卒業してからの嘉悦大学の変化や、各部署での一年間の活動報告を行い、新設備の説明、各部署の現在の体制、今年行ったイベントの報告をしました。質疑応答にて、新たに出来た設備への質問を頂いたり、企画の内容に興味を持って頂いたりと、様々な反響がありました。OB・OGの方々が卒業してからのIMC学生スタッフの成長を感じて頂けた機会になりました。


 懇親会は、OB・OG、学生スタッフ、職員を合わせて29名に参加して頂きました。美味しい食事に会話は弾み、宴会の場は大いに盛り上がりました。OB・OGの方から様々なアドバイスを頂き、貴重な時間となりました。


今年のホームカミングデーは今後のIMC学生スタッフの成長を感じさせる様なとても有意義な時間となりました。

OB・OGの方々に良い報告が出来るように今後も活動に力を入れていきたいと思います。


来年のホームカミングデーも是非お越しください!

PB020026
PB020085

2019年 IMC鬼怒川合宿

201897日から8日にかけて、HelpdeskCATLissS-CATの学生スタッフおよび教職員、OBOGの皆様と「IMC 鬼怒川合宿」を行いました。今年は新しい部署としてS-CAT誕生し、また新入生も多数参加してくれたため、総勢43名と昨年を上回る人数での合宿となりました。

 

今回は、合宿の間に実施した勉強会や企画の内容を振り返りながら時系列順に紹介したいと思います。

 

1日目、各自で電車や車を使い、合宿場所の「ホテル鬼怒川御苑」に集合しました。30℃を超える暑さではありましたが、天気に恵まれたこともあって、電車組は最寄り駅の「鬼怒川温泉駅」から風景を楽しみながらホテルまで移動しました。

到着後はまずホテル内の会議室で勉強会を行い、「今後の合宿プランはどのようなものがいいか」をテーマにグループワークしました。各グループが抽選で引き当てた合宿先で「ホテルはどこがいいか?」「どんな観光地があるか?」「予算はどれくらいがいいか?」といったポイントを考え、経路や金額も含めた合宿プランをプロデュースし全体に発表しました。それぞれのグループが宿泊先の設備や価格、観光の内容など魅力あふれるプランを考え、発想力を高めると共にグループワークやプレゼンテーション能力を更に伸ばすことができました。P9070002修正後
P9070064修正後

 

勉強会のあとは、自由時間を楽しみました。風呂やサウナで汗を流したり、集まって卓球をしたり、部屋での雑談などそれぞれの時間を過ごしました。その後は全員で夕食を頂きました。新鮮な魚介類からボリューム満点のお肉までバリエーション豊富なバイキングで、心ゆくまで美味しい食事を満喫しました。夕食後は宴会場を借りて、全員が一堂に会しての宴会を行いました。各部署や学年、役職、教職員、OBOGの垣根を越えて賑やかに交流し、先輩の話を聞いたり語り合ったりと、楽しい3時間はあっという間に過ぎていきました.

 

2日目はまず宿舎を出て鬼怒川温泉駅まで歩き、駅周辺を観光しました。足湯やお土産のショッピング、ご当地グルメやサイダーを堪能したり、駅から離れて鬼怒川を見に行くなど、各自が思い思いの楽しみ方で時間を過ごしました。

 

全体で再集合した後は電車に乗って、観光名所である「東武ワールドスクウェア」に行きました。園内には世界各地の観光名所や世界遺産のミニチュアが計102があり、快晴の下で歩き回りながら建物に思いを馳せたり、ユニークな写真を撮ったりと皆で楽しむことができました。

また、合宿イベントとして、東武ワールドスクウェア内の建物を題材としたフォトコンテストをチーム対抗で行いました。写真の構図やポーズにこだわるチームや楽しさを全身で表すチームなど、様々な楽しみ方でチームワークを深めました。

 P9080091修正後

昼食は園内でバイキングを用意して頂き、2日間の疲れを労いながら美味しい食事を楽しみました。食後にフォトコンテストの表彰も行われ、優勝したチームには賞品の鬼怒川名物や銘菓が贈られました。最後に、全体で集合写真を撮り、電車組と車組に分かれて解散しました。

 P9080243修正後

猛暑や台風など天気に不安がありましたが、2日間雨に降られることなく無事に合宿を終えることができました。この合宿を経て、IMC全体の一体感が今まで以上に深まった実感があり、今後の活動によりまとまりを持って取り組めると考えております。

プロフィール

嘉悦大学ヘルプデスク

嘉悦大学情報メディアセンターヘルプデスクの学生スタッフです。

記事検索
カテゴリー
アーカイブ